豊田高専の入試情報

たかっち
今回は、愛知県豊田市にある「豊田高専」の入試情報について紹介します。
スポンサーリンク

学科別募集人数

機械工学科          40人
電気・電子システム工学科   40人
情報工学科          40人
環境都市工学科        40人
建築学科           40人

受験者数と倍率

入学定員は、200名ですが、各学科毎に推薦枠が12名(30%)程あります。

左から志願者数・合格者数・志願倍率です。

令和2年度(2020年度) 推薦選抜入学志願状況

機械工学科         :56人・12人・4.67倍
電気・電子システム工学科  :72人・14人・5.14倍
情報工学科         :67人・14人・4.79倍
環境都市工学科       :66人・13人・5.08倍
建築学科          :79人・13人・6.08倍

令和2年度(2020年度) 学力選抜入学志願状況

機械工学科         : 97人・31人・4.67倍
電気・電子システム工学科  : 99人・28人・5.14倍
情報工学科         : 98人・28人・4.79倍
環境都市工学科       : 90人・30人・5.08倍
建築学科          :107人・29人・6.08倍

スポンサーリンク

採点方法

学力選抜試験の採点方法は、国語・英語・数学・理科・社会の5教科の学力検査の合計500点満点とと調査書(内申点)の合計を総合110点満点を総合して以下の段階で合格判定を行います。

※内申点110点満点は、2年生と3年生の9教科の5段階評価の合計です。(但し理科と数学は2倍の値)

第1段階合格判定

学力検査の上位4名以内の受験者は、内申点は関係なく、第一志望の学科に合格となります。

第2段階合格判定

第1段階合格判定で合格した受験者を除いた全受験者の学力検査と内申点の合計を成績順で並べ、全学科の120名以内の受験者を「A」、それ以外を「B」とします。

「A」について以下の計算式で順位付けを行い、希望する学科の定員以内の受験者は合格となります。

内申点の3倍(330点満点)+学力検査の合計(500点満点)=総得点(940点満点)

第3段階合格判定

第1段階と第2段階の合格判定で各学科の定員に満たない場合は、「A」および「B」について以下の計算式で順位付けを行います。

内申点の4倍(440点満点)+学力検査の合計(500点満点)=総得点(830点満点)

令和2年度(2020年度)の合格点

豊田高専の学力検査における合格者の最高点と平均点は下記の通りです。

機械工学科          446点 395.8点
電気・電子システム工学科   467点 418.8点
情報工学科          463点 416.3点
環境都市工学科        434点 401.4点
建築学科           429点 381.5点

全学科            467点 402.3点

※500点満点

入学確約書の提出

豊田高専では、学力選抜試験で「合格通知」を受けた方は、決められた期日までに「入学確約書」の提出が必要となります。

提出されなかった場合、入学の意思がないものとして、合格が取り消されます。

偏差値について

豊田高専の偏差値は下記の通りです。

機械工学科          64
電気・電子システム工学科   64
情報工学科          64
環境都市工学科        63
建築学科           63

※「じゅけラボ予備校」より参照。実際の数値とは異なる可能性があります。

学校情報

最新の詳しい学校情報は下記の公式サイトよりお願いします。
豊田工業高等専門学校【公式】

スポンサーリンク
おすすめの記事